5年3学期単元「変わり方」(家庭で教えられる算数)

いつもご閲覧ありがとうございます。





5年「かわり方」の勉強は、中学での関数の学習の基礎となります。
この勉強では、身近な生活の中から、具体的な数や量を○や△として式での関係式として表したり、表で整理させます。
イメージ 2





そして、一方の量や数を○として変化させると、もう一つの量や数△は、どのように変化しているかを考えさせます。
また、○と△の関係の式から、比例であるかどうかも考えさせます。
6年になると、この勉強が「比例・反比例」の学習に発展しますので、掲載内容に沿って教えた後、教科書の練習問題に取り組むと、これからの勉強がわかりやすくなります。 
多くの問題を解かせるよりも、基本問題をくり返して取り組ませ、「なぜそうなるのか」という考える力を培っていただければと思います。
先生方には、指導補足を掲載していますので、単元構成や授業のおさえ、研究授業の一つの参考にしていただければと思います。

こちらをクリックしてご覧下さい。

全学年の教え方はこちらです
「いっちに算数」ホームページ




スマホの登録の仕方は、下をクリックして下さい。
「いっちに算数」ホームページのスマホ登録の仕方
全学年の掲載単元も紹介いたします。
6年生の教え方
速さ比例」「反比例
5年生の教え方
(等しい分数、約分・通分)
(分数のたし算、分数のひき算)
(分数×整数、分数÷整数) (分数の表し方)
4年生の教え方

3年生の教え方
2年生の教え方
1年生の教え方
「おなじかずずつ」