卒業に向けて、中学を見すえた勉強!(家庭で教えられる算数)

いつもご閲覧いただきありがとうございます。
6年生は、卒業に向けて、式の練習や勉強のまとめなどがんばっていることと思います。これからの卒業式・春休み・中学入学式と1ヶ月以上ありますので、中1の数学の内容を少し紹介します。
イメージ 1
中学1年の数学の主な内容
1 正の数•負の数 
 ○ 正の数•負の数 ○ 正の数•負の数の計算 ○正の数•負の数の利用
2 文字の式
 ○ 文字を使った式 ○ 文字式の表し方 ○ 式の値
3 方程式
 ○ 方程式 ○ 方程式の利用
4 変化と対応
 ○ 関数 ○ 比例 ○ 反比例 ○ 比例,反比例の利用
5 平面図形
 ○ 直線図形と移動 ○ 基本の作図 ○ 円とおうぎ形
6 空間図形
 ○ 立体と空間図形 ○ 立体の表面積と体積.
7 資料の活用
 ○ 資料の傾向を調べよう
イメージ 2
上の中1の勉強は、小学校の基礎をもとに習うことになります。
中学の入学までに(約40日ほど)5年生・6年生のおさらいを中心に、苦手だったところを、コツコツと復習しておくと、中学の勉強がわかりやすくなります。
イメージ 3
お子さんに読んであげるだけでも基礎のおさらいになりますので、下に5年・6年単元を掲載します。
算数が苦手なお子さんには、特に、算数アニメを見せるとわかりやすくなると思います。この時期の6年の算数は、小学校のおさらいをしています。
教科書の練習問題は、重点を網羅していますので、復習を通して基礎力を身につけていただければと思います。先生方には、中学を見すえた指導として、参考にしていただければと思います。
6年生の教え方
(分数×整数、分数÷整数) (分数の表し方)
全学年をご覧になりたい方は→「いっちに算数ホームページ」