この勉強をしたいと思わせるには!(内発的動機づけ)

「テストがよかったら、こづかい増やすね。悪かったらゼロよ」という勉強のさせ方があります。こうした方法は、報酬や懲罰などで意欲を持たせるので、「外発的動機づけ」と言われています。
これとは反対に「内発的動機づけ」という勉強の意欲の持たせ方があります。
それは、勉強を教える時、
①「なぜだろう?」 ②「不思議だな?」③「調べてみたいな!」④「試してみたいな!」⑤「生活の中で使えるかな?」と勉強の最初に思わせる方法です。
3年生「一億までの数」の勉強では、最初にこんな写真を見せます。
イメージ 1
そして「1万枚より多い葉っぱを数えるにはどうする?」と投げかけます。
1年生「ながさくらべの」の勉強では、算数アニメを見せます。                     
そして「このえんぴつは、どちらが長い?」と投げかけます。
4年生「平行と垂直」の勉強では、最初に教室の窓を取り外して見せます。
そして「教室の窓には、なん個の平行があるかな?垂直は?」と投げかけます。
イメージ 2
皆さんは、講演会などに行かれた時、話がとても上手な方に出会うことがあると思います。そういう講演者の多くは、最初の話の始め方が上手です。
「この講演者の話をもっと聞いてみたいと思わせるもの」を持っておられます。
これを「つかみが、うまい」と言うことがありますが、その多くは、内発的動機づけを意識した話し方です。
お子さんに勉強をしたいと思わせるためには「外発的動機づけ」もありますが、「内発的動機づけ」を少し意識しておくことが大切ではないかと思います。
このようなことを考えて「いっちに算数」では、この勉強をしたいと思わせる工夫をしていますので、参考にしていただければと思います。
先生方には、単元導入の教材化のヒントとして参考にしていただければと思います。
全学年の教え方はこちらです「いっちに算数」ホームページ

イメージ 3