「算数の教え方」というと、テストの点数をあげることを思い浮かべられる方も多いと思います。
「いっちに算数」の中でも掲載していますが、算数の勉強は、前の学年で習ったことを生かして、新しい算数の内容を勉強することを一つのねらいとしています。
1年生は、「くりあがりのないたし算」の勉強をもとに、くり上がりがある時にはどうするかということを、子どもなりに考えて、考えて、「くり上がりのあるたし算」が、できるようになっていきます。 
前に掲載した6年生の「立体の体積」もそうです。
5年生の「直方体や立方体の体積」の考えを使って、「角柱や円柱の体積」を求められないか考えて、考えて、「立体の体積」が求められるようになっていきます。   
お子さんが「小さなできる」を一つずつ一つずつ積み重ねる中で、「自分はできる」という気持ちを持っていきます。それは、テストでできたという達成感もあると思います。
このつづきはこちらでお読み下さい。

dekiru

こどもの学習支援サイト「いっちに算数」の取り組みを支援していただける方は
こちらのアメーバブログで「にほんブログ村」へのバナーをクリックしていただけると大変ありがたいです。
https://ameblo.jp/ichi23su/
otoko-pochi2