小学校の算数で分数を本格的に学ぶのは3年生からですが、2年生で「半分」や「半分の半分」という言葉を使って「2分の1」や「4分の1」の意味を学びます。
 2年生でも1つのお菓子やパンを2人でわける場面を通して「はんぶんこする」という意味をしっかり把握しています。
 元のものの大きさに限らず、半分は、「1つのものを同じ形(同じ量)に2つにわけた1こ分」という意味です。2分の1という言葉と書き方を教えます。
 その1こを同じように「同じ形同じ量にさらに2つに分けたもの」が4分の1です。
 折り紙やリボン、ひも、などの切り分けしやすいものを使って、「2分の1」や「4分の1」を作らせる体験をたくさんするとよいでしょう。
 くわしい教え方は↓のサイトでご覧下さい。
「2年算数 分数」の教え方

2nen2bun1

「いっちに算数」は、親が子どもにわかりやすく算数を教えるお手伝いをするサイトです。
完全無料・広告なし・音声なし・登録不要のスマホ対応サイトです。
動く画像はすべてGIF形式のアニメーション画像です。

coronanimakeruna-ani

「いっちに算数」入り口はこちら
https://12sansuu.jp/


ライブドアブログランキング「教育-小学校」を見る