「いっちに算数」のブログ

算数の教え方をGIFアニメでわかりやすく解説

5年算数

5年算数「帯グラフ円グラフの書き方」わかる教え方

「割合」を習った後で「帯グラフの書き方」や「円グラフの書き方」を学びますが、特に子ども達がつまづきやすいのは「円グラフの書き方」です。

帯グラフや円グラフの作成では、
①データの数値が全体の何%にあたるかを計算する
(個々の数字÷合計の数字で小数点以下は四捨五入)
②帯グラフでは、帯の長さを何cmにするかによって、1%が何㎜を表すかを決める
(普通は横幅を10cmにする)
③円グラフでは、全体の角度360度に対して、それぞれの%が何度になるかを計算する
というふうに2段階の割合を使う計算が必要です。

帯グラフでは、10cmを100%にすれば1%は1mmですから、比較的簡単に帯グラフを作成できますが、
円グラフでは、例えば23%が何度になるかというと
360×0.23という計算をして、さらに小数点以下を四捨五入したりするがい数の処理も必要です。

また、帯グラフ、円グラフ共通の作業として、それぞれの%を合計したら100%にならなかったとき、一番大きい数字を減らしたり増やしたりして、きっちり100%にするという作業も必要です。

このように正しいグラフが完成するまでに何段階もの計算と正しい作業が必要なので、どこかで1箇所つまづくだけで正しいグラフにたどり着かないため、苦手なお子さんが多い単元です。

くわしい教え方は下のサイトで説明していますので、アニメを見せながら、お子さんにていねいに説明してあげてください。
「5年 割合(帯グラフ円グラフの書き方)」

obiglaf-kakikata

englaf-kakikata


「いっちに算数」は、親が子どもにわかりやすく算数を教えるお手伝いをするサイトです。
完全無料・広告なし・音声なし・登録不要のスマホ対応サイトです。
動く画像はすべてGIF形式のアニメーション画像です。

「いっちに算数」入り口はこちら
https://12sansuu.jp/


omikuron-chuui-ani

5年算数「割合」の教え方

 「割合」は、日常よく使う言葉ですが、意外と小学生には理解しにくい概念です。
 「○○の半分」とか「○○の10分の一」ぐらいはすんなり理解できても「○○の30%」や「○○の7割」または「2割引」などになると とたんにどうしていいかわからなくなる子もおおぜいいます。
 そして、「割合」は社会科で資料を正しく読み取るときにも必要な概念ですし、理科の実験や生物の資料でもよく使われる概念です。また、家庭科の調理でも正しく理解しておくべきことがらです。
 算数だけでなく、小学校の学習内容全体にも関わってくる内容ですので、しっかり理解させておくことは、とても重要です。
下のサイトで詳しい教え方を解説していますのでご家庭で教える時の参考にして下さい。
5年 割合の教え方

5wariai


「いっちに算数」は、親が子どもにわかりやすく算数を教えるお手伝いをするサイトです。
完全無料・広告なし・音声なし・登録不要のスマホ対応サイトです。
動く画像はすべてGIF形式のアニメーション画像です。

12sansuu000

「いっちに算数」入り口はこちら
https://12sansuu.jp/


kanchuu-sazanka-ani

イラスト提供


12月にアクセスが急増したページ「変化のきまりを見つけて」

下は12/9~12/15までの「いっちに算数」アクセス解析です。(Google analytics)

ninki12gatsu

4年算数「がい数」の教え方ページは、ここ3年ぐらい人気ページのトップですが、今月になって「変わり方を調べて」のページが急増しています。
一定の条件にある2つの数量が、変化する様子を表に書いて、変化のきまりを見つけ、答えを導き出す問題です。
もともと啓林館の6年の「わくわく算数」教科書にのっていた単元ですが、9月にサイトの目次を東京書籍の「新しい算数」に変更してからは、6年の目次に該当する単元がなく、今は5年生の目次に入れています。

例えば下のような問題を解く学習です。
kawarikata

昔の教科書では、「つるかめ算」などの呼び方で解き方を教えていた算数問題です。

しかし、現在は中学生で習う連立方程式を使えば簡単に解ける問題なので、わざわざ小学校で扱う必要性を感じないためか、あまり小学校の教科書には載っていません。

ただ、中学受験にはときどき登場する問題なので、この時期、中学受験を控えた小学6年生をお持ちの保護者の方がご覧になっているのかもしれません。

詳しい教え方は、下のサイトでご覧下さい。
「変化のきまりを表で見つけよう」
内容的には、5年生でも取り組める内容です。
下のようなアニメを使って説明しています。
kawarikata-card-anime


同じく「変化のきまりを表で見つける」問題で「旅人算」と呼ばれる算数学習は、下のページで教え方を紹介しています。
「変化のきまりを見つけて速さの問題を解こう」

この単元も5年で「速さ」を学んだ後なら理解できる内容です。
下のようなアニメを使って説明しています。
kawarikata1-anime-rika



「いっちに算数」は、親が子どもにわかりやすく算数を教えるお手伝いをするサイトです。
完全無料・広告なし・音声なし・登録不要のスマホ対応サイトです。
動く画像はすべてGIF形式のアニメーション画像です。

「いっちに算数」入り口はこちら
https://12sansuu.jp/


2学期の算数おさらい5年生(東京書籍版)

2学期の算数おさらいシリーズ5回目は5年生の内容です。
こちらのリンク先でそれぞれの単元の教え方をご覧下さい。

特に5年生がつまづきやすい単元は「単位量あたりの大きさ」です。
「単位量」という言葉に保護者の方もとまどうと思いますが、今後の算数・数学にとって、とても重要な内容で、「速さ」や「密度」「量り売りの単位」など日常生活とも密接に結びついている内容です。

ここでつまづくとその後の算数学習も理解できなくなりますので、じっくりていねいに段階をふんで教えて下さい。

「いっちに算数」サイトでは、たとえば下のようなアニメを用いてわかりやすく説明しています。
5nen-taiiatari-paper-ani

「いっちに算数」は、親が子どもにわかりやすく算数を教えるお手伝いをするサイトです。
完全無料・広告なし・音声なし・登録不要のスマホ対応サイトです。
動く画像はすべてGIF形式のアニメーション画像です。
12sansuu000


「いっちに算数」入り口はこちら
https://12sansuu.jp/



xmas-sl-santa-ani
イラスト提供

5年算数「四角形と三角形の面積」の教え方

5年生は2学期の最後に平行四辺形、三角形、ひし形、台形の面積の求め方を習います。
長方形・正方形の面積の求め方は、すでに3年生の3学期に習っていますので、その求め方を基礎にいろいろな四角形・三角形の面積も求められることに気づかせます。
最終的には、公式を覚えさせますが、どうしてそういう公式になるのかをじっくり考えさせることが大切です。
詳しい教え方はこちらのページでご覧下さい。
5nen-menseki

「いっちに算数」は、親が子どもにわかりやすく算数を教えるお手伝いをするサイトです。
完全無料・広告なし・音声なし・登録不要のスマホ対応サイトです。
動く画像はすべてGIF形式のアニメーション画像です。

「いっちに算数」入り口はこちら
https://12sansuu.jp/


12sansuu000

記事検索
  • ライブドアブログ